インフォグラフィックスによる’さがみ縦貫道路’の紹介

 Love Doboku Kanagawa協議会主催の「パネル展:画像でめぐるインフラ施設の旅」にて、「さがみ縦貫道路」のインフラストック効果についてのパネルを展示させていただきました。パネル展の出展に際し、「さがみ縦貫道路の開通によるストック効果を人々に伝えたい」という思いから、インフォグラフィックス(情報の可視化)を活用しました。特に、’さがみ縦貫道路’について知識のない方にも理解していただけるように、市民目線で制作に取り組みました。
 制作していくにあたり、先ずは、さがみ縦貫道路についての情報の収集と整理を繰り返し、来場者に伝えたい内容を凝縮することにより完成させたつもりです。
 特に重要なのは、さがみ縦貫道路が開通されたことによりルートが増加し、また都心経由を回避できたことです。さらには、渋滞や混雑が緩和すると共に、走行時間や走行距離の短縮にもつながり、「効率的な物流の支援」、「雇用の創出」、「観光地へのアクセス向上」というプラス効果が現れました。

投稿日時 2018-02-19 21:17:16

投稿:豊田 彩乃(東京都市大学 社会メディア学科)