東京国際空港 国際線旅客ターミナル

国際線旅客ターミナルは、日本と海外を「より早く便利に」「より安心に」「より優しく」結ぶ「快適都市空港」として、「空」をテーマに、雄大さ、開放感、そして細部まで心のこもった日本の感性をデザインしています。 秋風の筋雲のおおらかな姿や富士の裾野のゆったりとした曲線を引用した雄大な大屋根は南北に伸びるウイングの水平線との対比がゆったりと空に向かう景観を生み出し、また、ターミナルビル前面に緑豊かなオープンエアを創出することで首都・東京にふさわしい品格ある玄関性と景観を構築しました。

特に地球環境負荷の低減には徹底的に取り組み、最新の環境技術を駆使してCO2の発生量を従来の2/3に抑えてCASBEEの最高ランクSの認証を獲得することが出来ました。 海外からのお客様が「初めて触れる、そして最後に過ごす日本の空間」として最高の「おもてなし」を提供するターミナルをめざすとともに、ご利用されるお客様からみた「わかりやすさ」と、「ユニバーサルデザイン」にも大変力を入れています。

投稿日時 2018-04-12 23:01:22

投稿:株式会社 梓設計

関連情報