区界峠を貫く北東北最長の道路トンネル新区界トンネル-復興支援道路新区界トンネル見学-

東日本大震災で被災した沿岸部と内陸部との交流・連携の促進による被災地の早期復興を支援する宮古盛岡横断道路の一つとして「区界道路(くさかいどうろ)」があります。

区界道路にある 「新区界トンネル」は、 一般国道106号の中でも最大の難所と呼ばれる「区界峠」の最も標高が高い位置にあります。区界峠は急カーブ・急勾配が多く、事故の危険性が高いなどの問題があるため、それらを解消すべく整備を進めております。

約3~4億年前と言われる太古の地質(古生代石炭紀)を掘削中で、完成すれば 全長 4,998m と北東北で最長の道路トンネルとなり平成29年の秋頃に掘削が終了予定となります。

見学は随時受け付けております。普段は見られないこの機会に、ぜひ一度足を運んでみてはいかがですか。
☆問い合わせは:
 岩手河川国道事務所 TEL 019-624-3131

#岩手県

投稿日時 2017-10-31 12:04:27

投稿:吉川研究室(東京都市大学)