旧毛馬第一閘門と旧毛馬洗堰(平成20年「淀川旧分流施設」として国の重要文化財指定)

旧毛馬第一閘門と旧毛馬洗堰(平成20年「淀川旧分流施設」として国の重要文化財指定)  
 淀川は大規模な洪水が頻発したために、第1閘門(明治40年竣工)と洗堰(同43年竣工)を設置し、これにより旧淀川(大川)に流れ込む水量を調節するとともに船運の利便を図かりました。

☆ 旧第一閘門の概要:
所在地:大阪市北区
水路長さ:約80m
水路幅員:約10m
側壁高さ:約8m
平成19年度選奨土木遺産

☆撮影のポイント:
・1枚目は毛馬第一閘門ですので、上から全体を撮影しています
・2枚目は洗堰

投稿日時 2017-09-09 01:14:48

投稿:依田正広