Tsukuba Expo85 国連平和館 -プレキャストPC半球シェル構造-

 茨城県つくば市にて、1985年に開催された国際科学技術博覧会(Tsukuba Expo85)は多彩なパビリオンが話題を集めた。ここでは、国際連合など主要な国際組織による国連平和館を紹介したい。国連平和館は、プレキャストコンクリートによる、プレストレストコンクリート造の半球シェル構造として設計され、外壁は青と白に塗り分けられた。【画像提供:㈱間組】

・発注者:㈶国際科学技術博覧会協会
・建築設計:㈱計画連合
・構造設計:㈱構造設計集団<SDG>
・設計監理:計画連合、構造設計集団<SDG>
・施 工:間組・安藤建設・株木・山本建設JV
・PCシェル施工:黒沢建設㈱
・構造形式:
全体構造は、直径41mの球形から全体の18/40に相当する底部を切ったもの(従って、厳密には半球よりやや小さい)。PC部材は、緯度9°のプレキャスト部材×40モジュール(1モジュール4分割)に構成され、専用工場にて製作され、現地にて組立て/緊張された。

【参考HP】https://www.jstage.jst.go.jp/article/coj1975/23/6/23_12/_pdf

投稿日時 2016-07-26 22:33:11

投稿:吉川弘道

  • 空間構造・搭状/容器構造物
  • インフラツーリズム2.0