東京ゲートブリッジ(東京港臨海道路Ⅱ期事業)

 東京ゲートブリッジは、東京湾内 江東区若洲と中央防波堤外側埋立地を結ぶ長大橋梁として平成24年に開通しました。当時、橋の名称を一般公募により決定し、その構造形式とも併せ、多くのメディアにて報道されました。また、その外観風貌から‘恐竜橋’とも愛称され、東京湾の新たなランドマークの誕生となりました。
 全長2618メートルの東京ゲートブリッジは、ハイテクを駆使したトラス構造であり、橋の上部にて航空機航路を、直下にて大型貨物船の通行空間を確保しています。東京ゲートブリッジを含む東京港臨海道路事業の完成により、増大する東京港の物流の効率化と物流コストの削減が期待されます。

東京港臨海道路Ⅱ期事業の概要(下記ホームページより転載)
・開通期間:中央防波堤外側埋立地~江東区若洲
・延 長:約4.6km(橋梁部約2.6km)
・事 業 費:約1,125億円
・車 線 数:往復6車線(橋梁部:往復4車線)

【参考:東京都港湾局総合情報サイト】http://www.kouwan.metro.tokyo.jp/kanko/gatebridge/

投稿日時 2016-12-02 17:38:05

投稿:吉川研究室(東京都市大学)

  • 道路構造物・道路施設
  • 橋梁・高架橋
  • 海岸/沿岸/海上構造物