三保ダム(神奈川県企業庁)酒匂川総合開発事業

☆酒匂川総合開発事業:
酒匂川支川河内川の山北町神尾田地点に多目的ダムを築造し、洪水調整と発電を行うとともに、神奈川県内の水需要に対応するため、小田原市飯泉地点に取水堰を設置し、水道水の確保を目的とする。

☆三保ダムの概要:
・ダムの位置:神奈川県足柄上郡山北町神尾田
・形式:土質しゃ水壁型ロックフィルダム
・高さ:95m
・長さ:587.7m
・堤体積:5,816千㎥
・非越流部標高:EL325m

☆洪水吐:
・常用洪水吐:ラジアルゲート 高さ13.1m×巾9.0m×4門
       ローラーゲート 高さ6.0m×巾9.0m×1門
・非常用洪水吐・越流堤自由越流:越流水深2.0m×巾29.0m

【出典:パンフレット『三保ダム 酒匂川総合開発事業の概要』(神奈川県企業庁酒匂川水系ダム管理事務所)】
【写真提供:神奈川県企業庁】

【酒匂川水系ダム管理事務所 公式HP】http://www.pref.kanagawa.jp/div/3011/

投稿日時 2017-09-06 12:55:14

投稿:Yoshikawa Hiromichi: Tokyo City University