加治川運河水門、土砂吐水門(大正初期に治水対策として建設された分水路の水門)

新潟県新発田市真野原(加治川治水記念公園内)にある加治川(旧)運河水門と土砂吐水門
平成24年度選奨土木遺産
近代土木遺産に選定

加治川は加治川分水路が完成するまでの間、大きく屈曲し阿賀野川に合流していたため、下流域で水害が頻発していました。そのため加治川を直接日本海へ流すために造られました。

運河水門 :全幅18.80m(4門)
土砂吐水門:全幅14.60m(4門)

投稿日時 2017-06-09 23:26:31

投稿:依田正広