ふる里キリコ橋 (石川県能登町)

ふる里キリコ橋(石川県能登町):【画像提供】能登町役場 ふるさと振興課

 内浦総合運動公園横の九里川尻川にかかる橋長59.5m、高さ23.8mの斜張橋で、奥能登地方の夏祭りの象徴である切籠(きりこ)をモチーフにしたものです。この「きりこ橋」は、夕方になるとライトアップされています。
【能登町公式HP:海の幸や温泉ほかの観光ガイドと生活情報、より抜粋】
 http://www.town.noto.lg.jp/www/info/detail.jsp?common_id=2832

 キリコとは、能登地方でしか見ることのできない、能登の祭りには欠かせない巨大な御神灯。このキリコをモチーフにした「ふる里きりこ橋」は、内浦総合運動公園横の九里川尻川にかかる橋長59.5m、高さ23.8mの斜張橋で、橋の真ん中には高さ約20mの巨大なキリコがそびえています。歩道橋なので車では走れませんが、お祭りの様子を思い浮かべながら散策してみては?夕方になるとライトアップされたり、ボタンを押すと童謡が流れたりします。
【子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」より抜粋】
 http://iko-yo.net/facilities/13140

投稿日時 2017-03-27 12:06:40

投稿:吉川研究室(東京都市大学)

  • 人道橋・歩道橋・遊歩道
  • インフラツーリズム2.0
  • Art & Designing