大正期に竣工した堤高50mを超える巨大ダム:大井ダム

 岐阜県、木曽川水系木曽川に設けられている大井ダムは、日本初の水力発電用高築堤ダムです。
 当時の大同電力(現在の関西電力の前身)社長、福沢桃介(福沢諭吉の孫で電力王の異名を持つ)により発案され、大正10年7月、蛭川、阿木川との合流点のすぐ上流において着工されました。

 当時初めて堤体高さ50mを越えるため、米国より土木技術者を4名招きました。途中、資金不足に陥り米国より資金を調達して工事を続け、ダム及び発電所の総工費1952万円、延べ人数146万人もの莫大な人と資材を投入し、大正13年11月に竣工しました。幾多の苦難を乗り越えての完成で、我が国のハイダム技術の原点とも言うべきものです。
 大井ダムは、大井発電所で水力発電を行うための施設です。大井発電所は、大正13年12月に運用開始、当時の最大出力42900kwでした。

【以上、日本ダム協会HPより引用】
http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranA/All.cgi?db4=1057

【画像出典:土木学会附属土木図書館 デジタルアーカイブス土木貴重写真コレクション】
http://library.jsce.or.jp/Image_DB/koshashin/CO018_01.html

投稿日時 2017-01-25 12:31:26

投稿:吉川研究室(東京都市大学)

  • ダム・河川施設
  • 建設機械・建設現場
  • 歴史的建造物
  • 土木の偉人・土木の偉業