東海道本線 丹那トンネル

 丹那(たんな)トンネルは現在のJR東海道本線の熱海駅と函南駅の間を結ぶ全長7,808mのトンネル(1934年の開通以来今でも現役で活躍している)。
(中略)そして《小田原~熱海~三島》のルートが採用となり、熱海~函南間を貫くトンネル工事として1918年着工となりました。延長7,807mの複線トンネルという当時としては国内最長、まさに世紀のプロジェクトというべき大工事であり、工事は難航を極め、工期は16年(当初は7年)、総工費2500万円、掘削量627,000立方メートル、延べ従事者数250万人という大規模な工事でした。
 難工事ゆえに工事期間中、天災を含め何回かの事故により合計67名におよぶ尊い犠牲者を出してしまいました。1933年にトンネルが貫通、翌1934年(昭和9年)12月には現在の東海道本線が開通しました。
【丹那神社奉賛会HPより抜粋】
http://www.kinomiya.or.jp/tanna/tonneru.html

【画像出典:土木学会附属土木図書館 デジタルアーカイブス土木貴重写真コレクション(福井友三郎氏所蔵)】
http://library.jsce.or.jp/Image_DB/koshashin/CO005_01.html

投稿日時 2016-09-20 16:11:00

投稿:吉川研究室(東京都市大学)