日本最大級の展望水門「びゅうお」-沼津港のシンボル-

 この沼津港大型展望水門「びゅうお」は、静岡県沼津港の内港と外港を結ぶ航路から進入する津波から港の背後地の50ha, 9,000人を守るために作られた水門です。津波をシャットアウトする扉体(ひたい)は、幅40m、 高さ9.3m、重量は406tと日本最大級です。
 これだけの大きな扉体なので、それを支える躯体も大きく沼津市ではその高さを生かして展望施設を併設しました。
この展望施設には、両岸に設置した13人乗りのエレベーターにより昇ることができます。両岸の機械室の周囲を展望回廊がまわっていて、この展望回廊の床は、地上約30mです。両側の展望回廊を幅4m、長さ約30mの連絡橋がつないでいて、北には愛鷹山、富士山、南アルプスを望み、遠く清水まで見渡せます。
 また、箱根連山や沼津アルプスを見渡し、眼下には我入道海岸が広がり、その先に駿河湾に突き出した大瀬崎をくっきりと見ることができ、360度の眺望を楽しめます。
【沼津市観光WEBより転記】
http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kankou/sisetu/byuo/

【画像提供:読売新聞社/2014年6月15日掲載画像】

投稿日時 2016-07-26 22:38:20

投稿:吉川研究室(東京都市大学)