大島大橋(山口県柳井市と大島郡周防大島町間の大畠瀬戸に架かる道路橋)

 大畠瀬戸は最大流速10ノットの急流であるため、世界初となる多柱式基礎の上に連続トラスを設置する構造が採用されました。

・全 長:1,020 m
・形 式:3径間トラス橋
・所属路線:国道437号
・高 さ:海面から31.9 m
・受 賞:1976年土木学会田中賞作品部門受賞

☆撮影ポイント
・1枚目は大島町側から22時ごろ撮影しています。橋自体がものすごく明るいので、コントラストの調整をし、後ろの山が見えるようにしています。ISO感度も160に上げています
・2枚目は柳井町側から、下に鉄道が走っているため架線が入ってしまいました。

投稿日時 2016-06-29 00:19:09

投稿:依田正広