世界初の3連吊橋:来島海峡大橋(しまなみ海道)

【公益社団法人 今治地方観光協会HPより転記】
http://www.oideya.gr.jp/spot/area_imabari/view/kurushimakaikyo.htm
 しまなみ海道で最大の規模を誇る橋が来島(くるしま)海峡大橋です。世界初の3連吊橋が織りなす風景は圧巻です。両側には小型バイク道と自転車歩行者道が設けられていて、橋の上から瀬戸内海を眺めることができます。
 大島から、武志島、馬島を中継して今治に繋がった来島海峡大橋は世界初の3連吊橋で、自然景観を活かしたつくりで優美なものとなっています。約9年の歳月をかけ、平成11年5月1日に開通しました。橋上からは、瀬戸内海国立公園の景勝地として有名な来島海峡の眺めが楽しめます。来島海峡は瀬戸内海の三急潮として知られており、橋からは渦潮を見ることもできます。
 来島海峡大橋の迫力を体感できるお勧めは橋の下からです。自歩道を歩いて馬島へ降り橋を間近に見る事ができます。又、ここは路線バスの停留所でもあります。ライトアップをしている日もあり、夜景も楽しめます。


【画像:PIXTAにて購入】https://pixta.jp/

投稿日時 2017-08-22 17:02:33

投稿:吉川研究室(東京都市大学)

関連情報