首都高、第三京浜と接続する「横浜環状北線」の橋梁を1250t吊クローラクレーンで架設

 首都高速道路は、2月28日、神奈川県横浜市に建設中の港北JCT(ジャンクション)新設に伴う橋梁架設工事を報道陣に公開した。
 港北JCTは、第三京浜道路・港北IC(インターチェンジ)と首都高の神奈川1号線・生麦JCTを接続する全長約8.2kmの高速道路である「横浜環状北線」(2016年度完成予定)と第三京浜の交差部に設けられるジャンクションで、同時に第三京浜の港北ICとしての機能も併せ持つ。
 現在の港北ICは構造上、しばしば本線まで渋滞してしまうことがあるが、ジャンクションの完成後は一般道への出入口が「川向線」に設けられることで、混雑緩和とアクセス性の向上が見込まれている。ただ、当面は一般道から港北JCTを使って横浜環状北線に乗ることはできず、若干離れた新横浜IC(仮称)を利用することになる。また、将来的には東名高速道路と繋がる「横浜環状北西線」(2021年度完成予定)との接続点にもなる予定となっている。
【株式会社インプレスCar WatchのHPより引用】
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20150302_690698.html
【画像:㈱インプレスCar Watchより許諾を受けて転載】

投稿日時 2016-05-06 10:31:44

投稿:吉川研究室(東京都市大学)