横浜みなとみらい21-高分解能衛星GeoEye-1による衛星画像#1- 

 ウォーターフロント都市開発として発展した横浜みなとみらい21は、多くの商業施設、港湾施設、観光スポットが集結している。そこで、高分解能衛星GeoEye-1による衛星高度681kmから撮影した、主要なスポット画像をご覧いただきたい。
 今回、#1としてズームアップした場所は下記の通りで、主要建造物をレイアウトをはっきりと見て取れる。
 ・画像1:クイーンズスクエア横浜、横浜ベイホテル東急、インターコンチネンタルホテル
 ・画像2:パシフィコ横浜、臨港パーク周辺、ぷかり桟橋
(c) DigitalGlobe

衛星画像の基本スペック:
・名称:高分解能衛星GeoEye-1の画像
・製品名:Geoパンシャープン画像、4バンド(RGB+NIR)
・購入先:日本スペースイメージング㈱
http://www.spaceimaging.co.jp/product-service/about-GeoEye-1/tabid/99/Default.aspx

投稿日時 2018-08-04 11:44:46

投稿:吉川研究室(東京都市大学)

関連情報