成田国際空港 (千葉県成田市)

千葉県成田市に位置する成田国際空港は、羽田国際空港とともに、首都圏の主要空港として機能している。1978年の開港以来、35年以上の歴史を持つが、現時点では、A滑走路(4000m×60m)とB滑走路(2500m×60m)の2本の並行滑走路にて運用している(横風対策用のC滑走路は、現在も建設凍結中)。

成田空港の世界ランキングは、ACI統計(2012年)によれば、航空旅客数13位2963万人、航空貨物量5位195万トン、となっている。http://www.naa.jp/jp/airport/about_statistics.html

・画像1では、手前側のA滑走路と右奥のB滑走路が、段違いに並行配列となっていることが分かる。
・画像2では、さらに高高度より空港全体を北東から望む。手前がB滑走路、遠方がA滑走路であり、C滑走路予定地は誘導路として活用されている。
・これらに挟まれて、旅客第1/第2ターミナルビルが位置する。
【画像提供:国際航業株式会社】

投稿日時 2016-11-06 09:23:56

投稿:吉川研究室(東京都市大学)

  • 空港・港湾・物流施設