呼子大橋 -離島と九州本土を結ぶ日本最大級のPC斜張橋-

 呼子大橋は、佐賀県唐津市の離島である加部島と九州本土を結ぶ斜張橋(1989年開通)。「新さが百景」の第1位に選出されるほどの人気を博し、PC斜張橋としては日本最大の全長728mを誇る橋梁である。

 橋を渡った先の丘の上には「風の見える丘公園」があり、呼子大橋のダイナミックな雄姿を見ることでき、周辺の島の景色を楽しむこともできる。また、呼子大橋の下に位置する形でオレンジ色の欄干が輝く「弁天遊歩道」が併設されている。遊歩道から見上げる呼子大橋も、新たな橋梁のダイナミズムを垣間見る思いである。

 加えて橋の下を船でくぐる「フェリーげんかい」やヘリコプターの遊覧飛行も用意されており、呼子大橋は佐賀県を代表する土木構造物、そして観光資源のエースでもある。
【画像提供:佐賀県観光連盟】


【福岡県 大川観光協会】http://www.okawa-kk.com/spots/detail/135
【佐賀県観光情報ポータルサイト あそぼーさが】http://www.asobo-saga.jp/

投稿日時 2015-12-03 23:28:52

投稿:香山 恭佑