東京湾アクアライン 風の塔 -我が国最大級の道路換気施設-

 東京湾アクアラインの施設として、ストライプ柄の風の塔が良く知られている。風の塔は海底トンネルの換気施設であり、トンネルほぼ中間部、川崎市浮島の沖合約5kmの川崎人口島に設置されている。この風の塔は、大小2本の塔からなり、大塔(90m)からは新鮮な外気を吸込んで、送風機を通してトンネル内に送風し、トンネル内部の空気は排風機を通して小塔か(75m)ら排気する。
 風の塔はそびえ立つ巨大な塔であるが、海上施設のため撮影が難しい。投稿者が撮影した2つの画像を掲載する:
・画像1:アクアラインの海ほたる内にある「技術資料館うみめがね」の展示模型(本物ではないのです)。
・画像2:羽田空港D滑走路の建設見学会にて、施工中の滑走路上から撮影したものです。

【ネクスコ東日本 キッズクラブ】
http://www.e-nexco.co.jp/effort/more_expressway/kids_club/aqualine/02.html
【大成建設の情報マガジン】 http://librarytaisei.jp/works/vol008/

投稿日時 2016-08-04 09:27:05

投稿:吉川弘道