シールドマシーン*カッターフェイスのモニュメント (東京湾アクアライン&海ほたる)

 東京湾アクアライン 海ほたる訪問の折りは、是非とも、カッターフェイス巨大モニュメントを見届けてもらいたい。これは、世界最大級のシールドマシン(直径14.14mの掘削機)の前面にあるカッターフェイスを、彫刻家 澄川喜一氏がモニュメントとして制作した作品(氏のホームページでは、‘環境造形’と呼んでいる)。
http://www.sumikawa-art.com/works/kankyouzoukei.html

 シールドマシンの最前線にある前面のカッターフェイス(回転する刃先)は、回転しながらトンネル切り端を掘削・排土する(もちろん、本物は完全円形であり、この環境造形は、その半円強をデフォルメしたものと理解/鑑賞している)。

 再度、夕暮れ時の巨大モニュメントを御覧いただきたい。掘削ビットからの木漏れ日は‘土木と太陽の会話’であり、巨大プロジェクトを終えた老翁が如く、かつて掘削した海底トンネルを振り返り、鎮座している。

投稿日時 2016-11-02 12:36:43

投稿:吉川弘道

  • 土木なら何でも
  • 建設機械・建設現場
  • Art & Designing