コンクリートアートミュージアム出展作品 vol.3 (JCI@名古屋国際会議場)

第2回コンクリートアートミュージアム出展作品 vol.3
コンクリート工学年次大会2005
名古屋国際会議場(2005/06/22~24開催)

写真1:「チーズ」ものつくり大学 【金賞受賞】
【出展者コメント】『今回、実験で使用した2.4tの高強度コンクリートを何か有効利用できないか考えてました。
その結果、ひたすらコアを抜くことにより、チーズの形にし、出展しようと思いました』


写真2:「転がる石」角 文平氏 【佳作】
【出展者コメント】『とてつもなく大きな石が立ち並んだ遺跡。四季折々の美しさを持つ日本庭園。
人工とか自然なんて言葉はどこかへ飛んでいってしまうくらい、その景観に心を奪われて
しまいます。人がその一部として生きている限り、造り出されたものが自然であることに
本当は何の疑問も持たないはずなのですが。都市部に立ち並ぶ高層ビル群。
夜でもまぶしく輝く繁華街。何百年もの年月を経て遺跡などと呼ばれるようになったときに
同じような気持ちでその風景を見つめている人間がそこにいるのだろうかと思います』


投稿日時 2018-12-27 16:22:51

投稿:東京都市大学吉川研究室

関連情報