日本最大の万華鏡マッピング:円形ホール(MOA美術館)

 日本最大のマッピングされた万華鏡。直径約20m、高さ約10mの巨大なドーム型の円形ホールでは、世界最大の万華鏡フェスティバル「ブリュースター・カレイドスコープ・ソサイエティ」において、日本人としてはじめて2年連続グランプリ(2005、2006)を獲得した依田満・百合子夫妻の万華鏡が映写されています。
 円形ドーム一面にマッピングされた万華鏡は日本最大です。この万華鏡のために作曲家・中村由利子氏が新たに制作した音楽と併せてお楽しみください。壁はイタリア産の大理石(一部分ポルトガル産)を使用し、石の模様が連続するように合わせ、床は、イタリア、ポルトガル、インド、イラン、キューバ、ギリシアの6カ国から集めた10種類の大理石を幾何学模様に組み合わせています。また、大理石の随所に化石を見ることもできます。
【MOA美術館HPより引用】
 http://www.moaart.or.jp/facility/hall/

【第24回受賞作品(1983年):MOA美術館本館・円形ホール】
 https://www.nikkenren.com/kenchiku/bcs/detail.html?r=w&ci=319

【画像・資料提供】MOA美術館

投稿日時 2018-12-04 17:34:38

投稿:MOA美術館

関連情報