湖面橋(富山県黒部市宇奈月)

 宇奈月ダム建設時、資材運搬用道路として橋が架けられました。長さ約186m、赤い半円形が翠色(スイショク)の湖面に映えます。橋周辺の左岸にはとちの木が多数存在し、「内山のとちの森」と呼ばれています。
 樹齢300~400年ともいわれる大木が県の天然記念物に指定されていて、散策道から見ることが出来ます。春には紅色を帯びた白い花が咲き、甘い香りが漂います。
【黒部・宇奈月温泉観光局 公式サイト 黒部めぐり より抜粋】
https://www.kurobe-unazuki.jp/tourism/848/

【画像提供:富山県観光公式サイト「とやま観光ナビ」】
https://www.info-toyama.com/image/

投稿日時 2018-10-09 18:20:35

投稿:吉川弘道