今年で見納めのトロリーバスに乗って黒部ダムへ

4月29日のオンエア:バス旅の魅力を“音”で感じる番組「バス旅スト」
黒部アルペンルート編

「前回は、アルピコ交通と京王バスが共同運行する 「新宿~白馬・安曇野線」で信濃大町へ。今回は信濃大町駅からアルピコ交通などが運行する路線バスに乗り、立山黒部アルペンルートの入口である扇沢駅へ向かいます。

立山黒部アルペンルートは、長野県側の扇沢駅から富山県側の立山駅を結ぶ人気の山岳観光ルートです。標高3,000メートル級の山々を、トロリーバスやケーブルカー、ロープウェイなどを乗り継いで通り抜けていきます。

中でも今年は、扇沢駅と黒部ダムの間を走る関電トンネルトロリーバスが見納め。1964年の運行開始以来50年以上にわたって走り続けてきたトロリーバスですが、来年からはバッテリーで走る電気バスに変わるため、今年がラストランなのです。」

【バスとりっぷHPより転記】
https://www.bushikaku.net/article/53134/


画像提供:ラジオ番組「バス旅スト」
http://www.tfm.co.jp/bustabi/

投稿日時 2018-06-26 12:58:41

投稿:バスとりっぷ