かわいい土木 第12回:岡山藩が遺した船のエレベーター

★岡山藩が遺した船のエレベーター:
岡山県岡山市の吉井川のほとり。堤防の上を走る県道の下に、紡錘形の舟溜りを備えた石造りの閘門式水門がある。こうした形式は非常に珍しく、現存する日本最古のものと言われている。その誕生の背景には、名君池田光政と稀代の土木計画家津田永忠の奮闘があった。

詳しくは....【建設業しんこうWeb:建設産業の今を伝え、未来を考える】
https://www.shinko-web.jp/series/1767/

投稿日時 2018-05-29 21:05:19

投稿:三上美絵

関連情報